2006年08月12日

ウコギ茶

 今回の健康茶は、ウコギ科の落葉低木のウコギを使ったお茶。「ウコギ茶」です。
 ウコギは、北海道から九州の山野の雑木林に見られ、エゾウコギは北海道の北見地方を中心とする道東部などで見られることから「蝦夷ウコギ」と言われています。アイヌの人達も強壮、強精、神経痛、関節炎、淋病などの民間薬として利用しています。
 若い葉、茎を摘み取って熱湯を通して揉み、青汁を出した後乾燥します。生薬の「五加皮」(ごかひ)は3月の発芽前に掘り取り、水洗いした根の皮を剥いで日干しにし刻みます。クコの葉、茶の葉を同量ずつ混ぜたものを茶の代わりに飲みます。
 強壮、強精、代謝促進、食欲増進、滋養強壮、抗酸化、浄血、中性脂肪上昇抑制、血圧降下、血糖上昇抑制、耐糖能改善、鎮痛作用があります。
 効能としては、癌(肺)、高血圧、リウマチ、神経痛、腰痛、脚気、水腫、不眠、ストレス、自律神経失調、食欲不振、疲労回復、精力減退、病後の体力回復、冷え症、動脈硬化、糖尿病の予防に良いようです。


posted by kenkou at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。