2006年08月15日

クコ茶

 今回は、ナス科の落葉小低木のクコを使う「クコ茶」を紹介します。
 クコの葉はベタイン、ルチン、ビタミンCなどが多く含まれ、平安時代から民間薬として用いられてきました。クコは枝葉、果実、根皮のすべてが漢方生薬になっていて、枝葉は生薬名を「枸杞葉」といい、煎じたものや粉末を飲むと便秘に効果的。強壮作用も知られています。
 クコの葉に含まれるルチンは高血圧に、果実に含まれるベタインは疲労回復に効果があります。根皮には、消炎、利尿効果があります。


posted by kenkou at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(2) | 樹木茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

便秘解消ストレッチ
Excerpt: こんにちはTBさせて頂きます。ただいま、ダイエット関係のブログをしております。宜しければ遊びに来て下さい
Weblog: ダイエットカロリーコントロール
Tracked: 2006-08-16 20:46

究極の便秘解消法!
Excerpt: あなたの体にあった便秘解消法が既にあるのであれば、 この無料レポートは読む必要がありません。 しかし、あなたがたくさんのお金と時間をかけたけど 便秘に効果がなかったなら…
Weblog: メルぞう無料レポート集〜メルぞうの無料レポートを分かりやすくご紹介〜
Tracked: 2006-08-17 03:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。