2006年10月01日

ウイキョウ茶

 ウイキョウ茶は植物性飲料の一つで、ウイキョウはセリ科の多年草です。果実に緑色部が残っている頃刈り取って日干しにし、たたいて果実を集め、さらに2〜3日干し、乾燥させる。1日量5〜10グラムを煎じて服用する。芳香性健胃剤として食欲を増進させるとされる。胃痛。冷えによる腹痛、腎臓、腰痛、除痰剤にも用いられる。料理では粉末をソースなどの風味添えに用いる。
 下痢気味の時にお勧め。子供や赤ちゃんがお腹を下し ている時、お腹に
ガスがたまる時にもまず、最初にこのお茶を与る程、ドイツの子供のいる家庭では常備茶になっています。


posted by kenkou at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野草茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。