2006年12月01日

クマザサ茶

クマザサは日本各地の山野に自生している笹の一種です。
葉の縁が秋ごろから白く枯れてくることから「隈笹」という名があります。
春から夏にかけて新しい葉を採取し、よく水洗いして天日で乾燥したものを煎じやすく細かく切ります。
笹の葉5〜10グラムを500ccの水で沸騰させないようにして水が半減するまで煎じます。
沸騰すると有効成分が破壊されてしまいます。
一日三回に分けて飲用します。
ササの成分のササ多糖類(バンフォリン)には、抗癌作用がありガン細胞の増殖を抑制する作用があるとされているほか、風邪の予防、胃腸系疾患、口内炎、高血圧、便秘、肥満、貧血に効果があるといわれています。


posted by kenkou at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 野草茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

あなたの便秘度チェック
Excerpt: あなたの便秘度チェック 【1】早起きは苦手ですか?   朝起きてから家を出るまで
Weblog: 便秘を解消したい!便秘で悩むあなたへ★
Tracked: 2006-12-02 12:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。