2007年02月25日

カバノアナタケ茶

 カバノアナタケとは北海道やロシアなどに生息する非常に希少なキノコです。

βグルガン
βカロテン
水溶性リグニン
エルゴステロール
ビタミンD
ビタミンA
等が、カバノアナタケに含まれる代表的な栄養素です

 カバノアナタケの効果は基本的にカバノアナタケに含まれる豊富な栄養素で人間の免疫力を上げる効果と、アガリクスの20倍〜30倍ともいわれるSOD活性効果(人間の万病の素となっている活性酸素を除去する作用)で老化防止と病気にならない体を作り上げることができるのが特徴です。

 乾燥・粉砕されたカバノアナタケ(チャーガ)は焙煎されます。焙煎することにより、香りと旨みが引き立ち、さらに良い味のお茶になります。

【カバノアナタケ茶の効能】
★癌の予防効果
★カバノアナタケに含まれる水溶性リグニンというキノコ類が持つ、白色腐朽菌によって分子の大きさが小さくなったリグニンにHIV(エイズ)ウィルスの増殖を抑制する効果があるといわれています。
★カバノアナタケはSOD活性の効果によりアトピー性皮膚炎等のアレルギー全般に効果が期待できます。
★カバノアナタケは血糖値を抑える働きが期待できます。
★食物繊維が豊富に含まれているカバノアナタケは高血圧解消にも大いに効果が期待できます。
★カバノアナタケの豊富な活性酸素除去能力や食物繊維、ビタミン等により、人間の免疫力に対して効果を発揮します。



posted by kenkou at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。