2007年02月27日

シイタケ茶

 シイタケはもっともポピラーに食されているきのこです。栄養価が高いことも良く知られています。
 主な成分としては、フィストテリン、エルゴステリン(日光に当たるとビタミンDになる)、レンチナン、エリタデニン、ベータDグルカン、アミノ酸、ビタミンB1、B2、メチオニン、カルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維などが含まれています。天日で干したシイタケのほうが栄養価が高くなります。
【効能】
 動脈硬化、高血圧、糖尿病、腎臓病、肝臓病、風邪、骨の生育、骨粗鬆症の予防、滋養強壮や女性ホルモンを活発にするなどの効果があるようです。
【飲み方】
 飲む前夜に水の中に漬けておくと翌朝にはエキスがでていますので、これを温めて飲みます。
 煮出した後の煮汁は肝臓を強化するばかりでなく、風邪、嘔吐、動脈硬化、高血圧、頻尿、肥満症や癌にも効くと言われています。


posted by kenkou at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | きのこ茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: シイタケ- style="background-color:lightblue" 学名- style="text-align:center" ''Lentinula edodes'' (Berk.) ..
Weblog: やっぱり日本食
Tracked: 2007-10-06 14:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。