2008年01月19日

プーアール茶

 プーアール茶とは、雲南省で生産される青緑茶(ディエンチンルーチャ)を原料とし、渥堆(ウオデゥイ)という特別な工程を経て作られる後発酵のお茶で、健康効果があります。この渥堆という工程は、茶葉に麹菌を付着させ、水を噴き付けた後に蒸し暑い場所へ保存することで酸化発酵を促します。この工程は、日本の味噌の作り方に良く似ています。黒茶の代表的な種類になります。

 プーアール茶は、"体を内側から温めるお茶"に分類され、どんな時にどんな人が飲んでも問題のない健康茶で、保存もとても簡単です。

 プーアール茶の最も重要な効能はダイエット効果・健康効果です。そのため、ダイエットをしたい女性を中心にプーアール茶は通販の販売などで人気を博しているようです。

 なぜ、プーアール茶がダイエットに効果を発揮するのかというと、これはプーアール茶に含まれる成分が、油分を分解する効能を持っていて、この成分が、コレステロールや脂肪酸の低下に効果を発揮するからです。また、便秘にも効果があると言われています。

 プーアール茶は、長期間 飲み続けると、こうした効果を発揮し、体の循環を正常に戻す働きをする健康茶です。



posted by kenkou at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。