2006年07月16日

タヒボ茶

「タヒボ茶」は、南米アマゾンの大自然が育てた100%天然、無添加、ノンカフェインの樹木茶です。
タヒボに含まれている成分の一つにNFD(ナフト・フラン・ディオン)があります。タヒボ茶は、南米アマゾン川流域の特定地域にのみ自生し、NFDを含有している樹齢30年以上の天然樹木タベブイア・アベラネダエの 内部樹皮を原料にています。
他にも、タヒボには、ビタミンB6、B12、葉酸、パントテン酸、イノシトール、ナイアシンなどのビタミン類、カルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、リンなどのミネラル類が豊富に含まれています。


posted by kenkou at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | タヒボ茶

タヒボとは?

タヒボ」の原木は、南米アマゾン川流域に自生するノウゼンカズラ科のタベブイア属アベラネダエ種という樹木です。虫やカビ、コケを寄せ付けない強い殺菌力があり、古代の人々が利用し始めたとされ、古代インカ帝国の時代には、この樹木は「神の恵み」「神の光」を意味するタヒボを崇められたと言い伝えられてます。
posted by kenkou at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | タヒボ茶
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。