2006年07月17日

明日葉茶

明日葉の呼び名は、「今日摘んでも、明日には新しい葉を出す」ということから明日葉とつけられたと言われています。明日葉は房総半島、三浦半島、紀伊半島、伊豆半島南端、伊豆諸島を中心とした太平洋岸に主に自生しているセリ科の大型多年草で、北海道でも地植えで越冬します。
5〜7月に新芽か柔らかい若葉を採取し、水洗いしてから細かくちぎり、蒸し器で数分蒸した後に陰干にし、完全に乾燥させると、明日葉茶の茶葉の完成です。
明日葉の葉を切ると黄色い汁が出てきますが、この液にはフラボノイド系の成分が含まれています。これが毛細血管を丈夫にし、血圧を降下させ、新陳代謝を促したり、増血効果もあると言われています。またビタミン類をバランスよく含み、鉄分も含まれるので美容と健康にいいと言われて、健康茶として人気の明日葉茶です。
主な効能: 冷え性・解毒・貧血・胃、十二指腸潰瘍ガン・白血病・生理痛・生理不順・老化防止


posted by kenkou at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 明日葉茶
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。