2006年07月17日

アロエ茶

今回紹介します健康茶は「アロエ茶」です。
アロエは、ユリ科の熱帯性多肉多汁の多年草植物の総称で、種類は非常に多く、約300種類が確認されています。
キダチアロエやアロエベラなど、3000年以上前から医薬品として用いられていたといわれており、薬の木と呼ばれるほど、多種多様な効果が確認されています。
アロエは多肉植物で、高濃度のポリフェノールを代表する抗酸化物質、殺菌作用物質、食物繊維、タンパク質、ビタミンA,B,C,Eを含み、多肉部分には豊富な多糖体とミネラルを含んでいます。
アロエは、古くから民間薬の塗り薬としてやけどや切り傷時の雑菌から皮膚を守ってくれたり、 また肌荒れやほてりを鎮めるものとして使用されてきました。
アロエに含まれるアロインが腸の動きを活発にする神経を刺激してお通じをよくし、アロエとヨーグルトの乳酸菌の含まれるアロエヨーグルトも人気です。
アロエの葉肉にに含まれる糖タンパクは、胃を通る時に、粘膜を覆い、胃酸や食べ物から胃粘膜を保護してくれます。
アロエの花言葉 / 『永遠の健康(とわのけんこう)』


posted by kenkou at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(2) | アロエ茶
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。